住宅ローン控除のその後

こんにちは。売買担当の島﨑です。

 

先日、住宅ローン控除の改正は必ずしも改悪にはならないというようなお話をしましたが、

その後改正審議の内容が挙がってきましたね。

ざっくりと

借入金額(上限3000万円)に対して0.7%

期間が13年

年収2000万円以下

となる可能性が出てきました。

最大控除額が100万円以上下がってしまいそうです、、、。

収入に応じて影響の大きさも多少違いますが、そんな遠回しなことをするのであれば、

年収に関係がない固定資産税の減免や不動産取引に係る消費税を減免してもらえないかな、、、。と。

そもそも不動産取得税の通知は黙ってても来るのに

ローン控除を受けるのには確定申告をして色々書類を提出しなければいけないのは何故?

「確定申告不要(会社員)で住宅ローン借りている人は返信の際に一緒に必要書類添付して送ってね。もし忘れてたら手間だけど確定申告が必要だよ。」

って感じでいいんじゃないかなと思っています。

黙ってても税金は納めさせるのに還付の際には手続きが必要ってどうなんでしょうか。

愚痴っぽくなってしまいました、、、。

 

当社は練馬区にありますが、新築戸建てで6000万円以上は当たり前という現状のため、

今後この影響がこの改正が今後どのような影響を及ぼすのか不安で仕方がありません。

もしこのまま改正されれば、あの時買っておけば、、、。などと思われる方も多いかもしれません。

今後は今以上に新築・中古、戸建て・マンションと各家庭のライフプランにあった不動産を

しっかりと精査しながらお探しする必要があるのではないかと考えます。

そんな皆様に寄り添った最適なご提案をさせていただくのがハウジングサクセスのモットーでもあります。

購入時の注意点はもちろんのこと売ったらお終いではなく購入後のサポートもきちんとさせていただきます。

気になった方はぜひご相談くださいね。

 

最後になりますが、住宅ローンを借りている方は年末年始の期間に残高証明が送られてきますので

うっかり無くしてしまって確定申告の時期に気付くなんてことがないようにご注意くださいね。

このページの先頭へ戻る